低価格ながら高性能!360°の撮影が可能な全天球カメラRICOH「THETA(シータ)」

SNSでシェア

theta

VR(バーチャルリアリティ)元年と言われている2016年。

SONYから発売された「PlayStation VR」は爆発的な人気で完売が続出しています。

これから、さらなる注目が期待されるVR市場ですが、VRビューアーを利用して手軽にVR体験を楽しめるカメラとして人気のRICOH「THETA(シータ)」シリーズの紹介です。

THETA(シータ)」はコンパクトボディで、ボタン1つの簡単操作で気軽に360°の写真や動画が撮影できることから人気があります。

細長い独特なすっきりとしたデザインが特徴的で、非常にシンプルで使いやすい構造になっています。

Sponsored Links
レクタングル大 広告

「THETA S」と「THETA SC」のスペック比較

  theta-blktable
THETA S
theta-color
THETA SC
サイズ
(幅×高さ×奥行き
※レンズ除く)
44×130×22.9mm
(17.9※)
45.2×130.6×22.9mm
(17.9※)
重さ 約125g 約102g
カラー ブラック ベージュ/ホワイト/ブルー/ピンク
画素数 約1200万画素 約1200万画素
動画1回の最大記録時間 25分 5分
ライブストリーミング機能 あり(UVC/HDMI)
外部インターフェース USB/HDMI USB
内蔵メモリー 約8GB 約8GB
アプリケーション iOS/Android/PC iOS/Android/PC

上位機種の「THETA S」のスペックを少し抑えて、より購入しやすい価格でスタンダードモデルとして発売されたのが「THETA SC」です。

スペックで大きく異なる点は、動画の最大記録時間とライブストリーミング機能の有無といったところでしょうか。その他は大きな変化はないので、写真をメインで楽しみたい人は価格の安い「THETA SC」がオススメです。

「THETA」の360°をムービーで体験

360°全天球カメラの特徴は、何と言っても自分が見えていないバックや上空の景色まで簡単に撮影できる点です。

撮影した写真や動画を見ている時に、新たな発見があるので撮影する楽しみが格段にアップします。

「THETA」でこんな360°の写真が撮影できちゃう

theta-chery

thata1

theta-shibuya

snowboard

theta-shurine

theta3

theta-boat

まとめ:360°全天球カメラ「THETA」

地球ってやっぱり「まるい」ってのが本当によくわかります。

カメラに詳しくない人でも簡単に撮影できて、想像外の面白い素敵な写真がたくさん取れたら出かけたくなりますよね。

手軽に360°の写真を楽しみたい人は「THETA」を持って出かけましょ。

買い忘れはありませんか?

Sponsored Links
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
Facebookページ

SNSでシェア

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です