【格安】1万円以下で買える高コスパ「アクションカム」の比較

記事を気に入ったらShareお願いします

SONY ActionCam - NISEKO Powder Power.photo:flickr

スノーボード、サーフィン、ダイビングなどの様々なスポーツシーンはもちろん、広角レンズ特有の面白い写真も魅力のアクションカム。

様々なパーツが揃っているのも特徴で、色んなスタイルに対応できることで、利用者がますます増えて人気を不動のものにしています。

GoProを筆頭に世間の知名度もますます上昇しています。

「GoPro欲しいなー」って思っている人も多いと思うんですが、やっぱり値段も高いし、使用頻度も多くないし、買うのになかなか踏み切れませんよね。

その気持ち良くわかります。

でも安心してください。

今は「アクションカム」の世界でも高コスパのモデルが続々と誕生しています。

今回は1万円以下で買える「アクションカム」を選りすぐりで紹介します。

Sponsored Links
レクタングル大 広告

「アクションカム」の先駆者GoPro HERO4 シルバーエディションのスペック

まず「アクションカム」を世間に広めたGoPro HERO4 シルバーエディションのスペックを見ていきましょう。

GoPro HERO4 Silver Edition
動画解像度 4K15,FPS/2.7K,30FPS/1080P,60FPS/720P,120FPS
写真解像度 1200万画素
防水 40m
カメラサイズ(幅×高さ×奥行き) 59×40.5×30mm
レンズ 超広角レンズ
重量 83g
市場価格 41959円
バッテリー容量 1160mAh

さすがは「GoPro」といった感じのスペックです。

アクションカメラの分野では、知名度、ブランド力とすべての面でトップに君臨してる風格を感じます。

お金に余裕のある人は、迷わず「GoPro」買いましょう。間違いありません。

ここでちょっと動画解像度の豆知識

動画の解像度の単位がイマイチわからないと言うあなたのために、わかりやすくまとめてみました。

最近はスマホでも4K動画撮影可能なものが増えてきていて、よく耳にする4K。

  • 4K:3840画素(横)×2160画素(縦)=829万4400画素(4Kテレビ)
  • 2.7K:2704画素(横)×1536画素(縦)=415万3344画素
  • 1080P:1920画素(横)x1080画素(縦)=207万3600画素(フルハイビジョンテレビ)
  • 720P:1280画素(横)×720画素(縦)=92万1600画素
  • VGA:640画素(横)×480画素(縦)=30万7200画素
  • QVGA:320画素(横)×240画素(縦)=7万6800画素

つまり4Kの「K」は、「1000」を意味していて、横の画素数(ピクセル)が約4000画素の解像度ということです。

解像度の密度は多い方が綺麗なので、この中で4Kが一番きれいな映像が撮れることになります。

また「FPS」というのは、1秒間に表示できる画像の数で、多いほど動きが滑らかな動画になります。

なので、「4K15FPS」と「1080P60FPS」だと画質では「4K15FPS」の方がきれいですが、動画の滑らかさは「1080P60FPS」の方が上ということになります。

1万円以下の「アクションカム」

SJCAM SJ4000

sjcammain

SJCAM SJ4000
動画解像度 1080P,30FPS/720P,60FPS/VGA,60FPS/QVGA,60FPS
写真解像度 1200万/800万/500万画素
防水 30m
カメラサイズ(幅×高さ×奥行き) 59×41×29mm
レンズ 170度+HD広角レンズ
重量 60g
市場価格 7000円
バッテリー容量 900mAh

コストパフォーマンスに優れた大人気モデルですが、それもうなずけるだけのスペックを誇っています。

スペック的にはGoProの1世代前のHERO3に近いですが、正直十分なスペックを装備してると思います。

このスペックの「アクションカム」が7000円で購入できるのであれば誰も文句は言いませんね。

さすがに4K動画とまではいきませんが、動画スペックの1080P HDは、iPhone6と同等のスペックで、大画面で見る際も画質を落とさずに見ることができます。

パッケージ内容

SJCAM

SJCAM SJ4000とGoPro HERO3の比較動画です

WIMIUS Q1 WiFi 4K(30FPS)

61vmrkcs4pl-_sl1002_

WIMIUS Q1 WiFi 4K(30FPS)
動画解像度 4K(30FPS)/2.7K(30FPS)/1080P(60FPS)/1080P(30FPS)/
720P(90FPS)
写真解像度 1600/1200/800/500/200万画素
防水 40m
レンズ 170度+HD広角レンズ
重量 114g
市場価格 7600円
バッテリー容量 900mAh×2

更新:2016年10月

従来モデルからスペックが大幅にアップデートされました。

写真解像度は1600万画素と「GoPro」よりもスペックでは高くなっていて、4K動画にも対応しているなど、格安とは思えないスペックです。

もちろんWi-Fiも搭載で、専用アプリの使用してスマホ上で動画を確認できるなどソフトウェアの部分も大幅に向上していて、圧倒的なコスパになってます。

バッテリーも2つ付属しているので長時間の撮影にも十分対応できます。

パッケージ内容

61qyf4sponl-_sl1000_

さらにアクセサリーの収納ができる専用ケースも付属しているので持ち運びにも便利です。

WIMIUS Q1 WiFi 4K(30FPS) 撮影動画

DBPOWER EX5000 WiFi

DBpowermain

DBPOWER EX5000 WiFi
動画解像度 1080P,30FPS/720P,60FPS/720P,30FPS/WVGA
写真解像度 1400万画素
防水 30m
カメラサイズ(幅×高さ×奥行き) 59.2×41×29.8mm
レンズ 170度+HD広角レンズ
重量 64g
市場価格 9160円
バッテリー容量 1100mAh

動画解像度、写真解像度、Wi-Fi搭載など全て平均以上のバランスがとれたモデルで、液晶が2インチと大きめなのが特徴。

Wi-Fi搭載なので、スマホでも操作も可能です。

また、購入後のアフターケア対応の評価が高いのも特徴で、心配な方はこのモデルがおすすめできます。

パッケージ内容

  • カメラ
  • 防水ケース
  • 防水ケースブラケット
  • 防水ケースクリップ
  • 自転車ブラケット
  • 多機能クリップ
  • カメラクリップ
  • ヘルムシート
  • 包帯
  • クリーニングクロス
  • 3Mのステッカー×2
  • USBケーブル
  • 英語説明書
  • 取り外し可能なリチウム電池×2

なんとバッテリーが2つ付属しているので、予備バッテリーとして常備しておくと、かなり長時間の撮影にも対応できるのは嬉しいところです。

注意として、USB電源アダプターが付属していないので、別途用意する必要があります。(スマホなどのUSB電源アダプターで代用可能)

DBPOWER EX5000 WiFi 撮影動画

Flylinktech 2.0インチTFT液晶 1080P WiFi

fly

Flylinktech 2.0インチTFT液晶 1080P WiFi
動画解像度 1080P,30FPS/720P,30FPS
写真解像度 1200万/1000万/800万/600万/300万/200万画素/VGA
防水 30m
カメラサイズ(幅×高さ×奥行き) 59.2×41×29.8mm
レンズ 170度広角レンズ
重量 約63g
市場価格 7600円
バッテリー容量 700mAh

amazonでシルバーが、5999円と今回の中でも最安モデル

その上でWiFiが搭載してあり、液晶は2インチで見やすく、動画、写真解像度ともに一定の水準はクリアしてるので、お買い得感は高いかもしれません。

ただ、問題点としてはバッテリーの容量が700mAhと少ないことです。

1080Pモードで50分の連続録画可能ですが、やはり少し心もとない感じはしますが、長時間の連続動画を撮影しない人にとっては、非常にコスパの高いモデルです。

パッケージ内容

flylinktech

Flylinktech 2.0インチTFT液晶 1080P WiFi 撮影動画

Campark Ultrathin 4K WiFi

camparkmain

Campark Ultrathin 4K WiFi
動画解像度 4K,15FPS/2.7K,24FPS/1080P,60FPS/1080P,30FPS
写真解像度 1200万/800万/500万/400万画素
防水 30m
カメラサイズ(幅×高さ×奥行き) 59X41X21mm
レンズ 170度広角レンズ
重量 61g
市場価格 9800円
バッテリー容量 1050mAh

実は僅かながら1万円を超えてしまってるんですが、流石にそれだけのスペックは備えていて、かなりのハイスペックです。

まずこの価格で4K動画対応というところに驚きです。

さらにバッテリー容量大きめで、マイクロSDの最大容量が64GBまで対応してる点はこの価格帯では唯一です。

WiFi機能も搭載していて機能的には申し分ないといった感じです。

4K動画も撮影したい人にはこれ一択ですね。

パッケージ内容

Campark

こちらもバッテリーが2つ付属しています。

相対的にかなりコスパは高いモデルですね。

Campark Ultrathin 4K WiFi 撮影動画

アクションカムのまとめ

1万円で4K動画が撮影出来るようになったのかとしみじみ思います。

やっぱり中国ブランドの価格競争力は、凄まじいものがあります。

僕らにとっては選択が増えてありがたいことですし、決して安いだけじゃなく、スペックもしっかりしている物が増えてきています。

4万だとなかなか気軽に買うことはできないですが、1万円以下なら「試しに買ってみるか」って方も多いんじゃないんですかね。

アクションカムは色んな使い方が出来るので、旅行やアクティビティー、日常でも楽しみ方が増えるので、ぜひチェックしてみてください。

買い忘れはありませんか?

Sponsored Links
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
Facebookページ

記事を気に入ったらShareお願いします

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です