【貼るSIM「Slimduet」】貼るだけで世界中で使用できる格安トラベルSIMが便利すぎる

SNSでシェア

スクリーンショット_2016-03-29_10_14_38

LCCやグローバル化の流れで昔に比べて、海外がとても身近な存在になりつつあります。

SIMフリーのスマホが日本でも徐々に認知されだして購入者も増えてきていると思います。

SIMフリーのスマホを持っているなら、海外に行った際も日本と同じようにどこでもスマホで地図を見たり、現地の友達と連絡を取りたいものです。

世界を見渡せば、旅行者へのプリペイドSIMが日本よりも充実している国は多いです。

ただ、海外渡航が多い人や、数カ国を周る人は、その度にSIMカードを探して設定をしたりしないといけないので非常に面倒です。

そんな手間を省いてくれる「貼るSIM」が、3月25日に台湾のTaisys Technologiesから「slimduet」として発売されました。

Sponsored Links
レクタングル大 広告

「貼るSIM」の使い方

スクリーンショット_2016-03-29_10_45_04

貼り方もとっても簡単

渡航前

使い方は至って簡単で、

1:普段使っているSMSが受信できるSIMカードに「貼るSIM」を貼り付ける。

2:専用アプリ「slimduet」をダウンロード。

3:アプリを立ち上げてアクティベーションを行い、電話番号そのあと、渡航先のプランをアプリより購入するだけ。を登録して、IDとパスワードをSMSにて受信。

4:アプリから受信したIDとパスワードでログインする。

5:渡航先のプランをアプリより購入する。

渡航前にプランの購入をする事によって、渡航先の番号を事前に知る事ができます。

もちろん現地からでも購入は可能です。

slimduet

slimduet
無料
posted with アプリーチ

渡航後

SIMカードの切り替え(iPhone)

1:「slimduet」アプリから番号管理購入プラン選択Switch numberを選択。

2:iPhoneのホーム画面に戻り、設定Phone(電話)SIM Applications より現地キャリアを選択。

SIMカードの切り替え(Android)

1:「slimduet」アプリから番号管理購入プラン選択Switch numberを選択。

2:Android画面のsim tool kitより現地キャリアを選択。

尚、iPhone、Android共に、帰国の際に上記の手順で、SIMカードの切り替えを「HOME」にするのを忘れないようにしてください。

APN設定(iPhone)

ホーム画面より設定モバイルデータ通信 にてAPN欄に新しいAPN名のみを入力。

APN設定(Android)

ホーム画面より設定その他モバイルネットワーク > アクセスポイント名 にてAPN欄に新しいAPN名のみを入力。

以上で海外でも格安で快適にスマホが使用できます。

貼るSIM「slimduet」の注意点

iPhone、AndoroidスマホのSIMフリー端末でのみ使用可能。

iPhoneはSIMロック解除をしたキャリア版でも使用可能。Android端末のキャリア版については、「SIM tool kit」が動作する必要があるため、発売時点では対応してないが、検証を行い公表するようです。

SMSが受信できるSIMカードであること。

全サイズのSIMに対応可能。

貼るSIM「Slimduet」を貼るためのSIMカードが必要。

使用期限はない。

月額料金などの固定費はかからないので、使いたい時に使った分だけの費用。

貼るSIM「slimduet」の料金・詳細

発売に際してキャンペーンを行っていて、通常3240円のパッケージ料金が、5月末まで限定価格2500円で販売されています。

貼るSIMに有効期限などはなく、月額料金もかかりません。

さらに、マネパカードの申し込みで、貼るSIM代金2500円全額のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

マネパカードは、年会費無料海外専用プリペイドカードで、クレジットカードのように使用でき、15歳から利用可能なのでこの機会に申し込んでみるのもいいですね。

発売時点の対応国

  • 台湾:$18 / 5日 / データ通信無制限 / 国際通話、SMS300台湾ドル分利用可能 
  • 香港:$17 / 7日 / データ通信無制限 / 国内通話無制限
  • 中国:$16 / 90日 / 国際通話 3.9香港ドル/分〜
  • 韓国:$38.5 / 7日 / データ通信5GB
  • シンガポール:$14 / 5日 / データ通信100GB / 国際通話19カ国現地料金で計算
  • イギリス:$20 / 30日 / データ通信500MB / 国内通話50分 / SMS 50通
  • アメリカ:$40 / 15日 / データ通信250MB / 国内と中国との通話40分
  • ヨーロッパ(39カ国):$17 / 60日 / データ通信100MB / ヨーロッパ39カ国内通話50分 / ヨーロッパ39カ国同一料金

東南アジアなどはまだ対応してないみたいなので、これからに期待ですね。

貼るSIMまとめ

グーローバルで使用できるSIMは以前からありましたが、使用料金が高かったりとそこまで浸透していませんでしたが、貼るSIM「Slimduet」は料金も良心的で使わない時は、貼ったままでも料金もかからず、有効期限もないので非常に使いやすいSIMになっています。

海外旅行や海外出張の多い方には、すごく便利なSIMカードだと思うので気になる方はチェックしてみてください。

こちらの記事も一緒にどうぞ
【通話定額】MVNOで通話もしたい方に必見の楽天モバイルのオプション!
MVNO事業者のいわゆる格安SIMが、注目されてきて利用者数も着実に増加してきていますが、圧倒的大多数の方が今も3大キャリアとの契約をしてい...
【MVNO】もう迷わない。今買うべきSIMカードはこれだ!【2016年最新版】
MVNO業者が格安SIMの価格を競い合った2015年。 価格競争も一段落し、通信速度、サービスなどに向きが変わってきました。 いくら...
【イオンモバイル】MVNO(格安SIM)業界最安級の全29プランをとことん徹底解説!
イオンモバイルは、以前からbmobileやIIJmioなどのMVNO(格安SIM)のSIMカードと端末をセットにした販売を行っていました...
【スマホ】30000円以下で買えるスマホランキング【Android】
引用:ITmedia 2015年は、格安のSIMフリースマホが日本でも認知されだした年になりました。 格安SIMの使用で、月の通信料...

気になるアイテム

Sponsored Links
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
Facebookページ

SNSでシェア

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です