DSDS・デュアルレンズ・4100mAh大容量バッテリー搭載のコスパ抜群スマホ「ZenFone 4 Max」詳細スペック比較

SNSでシェア

ASUSよりヨーロッパなどではすでにリリースされている「ZenFone 4 Max」が日本でも2017年12月8日にリリースされました。

大容量バッテリー・DSDS・デュアルレンズなどの流行の機能を搭載しながら、価格を26,000円程度に抑えた格安スマホとあって、国内でも人気が出ることが予想されます。

Sponsored Links
レクタングル大 広告

Moto G5Sとのスペック比較

項目 ZenFone 4 MAX
(ZC520KL)
Moto G5S
OS Android 7.1.1
ZenUI 4.0
Android 7.1.1
CPU Snapdragon 430
(1.4GHz)
オクタコア(8コア)
Snapdragon 430
(1.4GHz)
オクタコア(8コア)
メモリ
(RAM)
3GB 3GB
ストレージ
(ROM)
内臓ストレージ:
32GB
ASUS WebStorageサービス:
5GB(永久無料)
Googleドライブ:
100GB(1年間無料)
内臓ストレージ:
32GB
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
約150.5×73.3×8.7mm 約150×73.5×8.24mm
重量 約156g 約157g
画面サイズ 5.2インチ 5.2インチ
画面解像度 1,280×720(HD)
IPS液晶
Gorilla Glass 3
1,920×1,080(フルHD)
IPS液晶
Gorilla Glass 3
バッテリー容量 4,100mAh 3000mAh
バッテリー駆動時間  3G連続待受:約744H
4G連続待受:約888H
WiFi通信時:約21H
モバイル通信時:約16.4H
充電:約3.5H

TurboPower(TM)を搭載をし、
15分の充電時間で最長5時間の
駆動を実現

外部メモリ MicroSD(最大256GB) MicroSD(最大128GB)
nanoSIMと兼用
SIMカード デュアルSIM
(nanoSIM×2)
デュアルSIM
(nanoSIM×2)
3G/4GのDSDS
背面カメラ デュアルレンズ
1,300万画素(メイン/F値1.8)
500万画素(広角/F値2.2)
LEDフラッシュ

1600万画素
F値2.0
LEDフラッシュ
位相差AF

前面カメラ 800万画素
LEDフラッシュ
500万画素(広角レンズ)
F値2.0
LEDフラッシュ
プロフェッショナルモード
ビューティーモード
センサー 加速度センサ
電子コンパス
近接センサ
光センサ
加速度センサ
ジャイロスコープ
近接センサ
環境照度センサ
センサーHub
GPS GLONASS A-GPS
GLONASS
指紋認証
NFC/FeliCa ×/× ◯/×
Wi-Fi IEEE802.11 b/g/n
(2.4GHz)
Wi-Fiデザリング
IEEE802.11 a/b/g/n
(2.4GHz/5GHz)
Wi-Fiデザリング
 Bluetooth v4.2 v4.2
カラー ネイビーブラック
サンライトゴールド
ローズピンク
ルナグレー
ファインゴールド
オックスフォードブルー
4G/LTEバンド FDD-LTE:
B1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28
TD-LTE:
B38/41
ドコモLTEバンドに対応
au VoLTE対応予定
FDD-LTE:
B1/3/5/7/8/18/19/20/26/28
TD-LTE:
B38/40/41
ドコモLTEバンドに対応
国内全キャリア対応
キャリアアグリゲーション × ×
3G(WCDMA) B1/2/5/6/8/19
ドコモ3Gバンドに対応
B1/2/5/6/8/19
ドコモ3Gバンドに対応
大手キャリアLTEバンド docomo:B1/3/19/21/28
au:B1/11/18/26/28/41
SoftBank:B1/3/8/28/41
※太字が重要なバンド
大手キャリア3Gバンド docomo:B1/6/19
au:B1/18
SoftBank:B1/8/9/11
※太字が重要なバンド
入力ポート microUSB microUSB
AnTuTuスコア
(総合性能)
約44,000程度
P10 lite:約57,000
約44,000
発売時期 2017年12月 2017年10月

DSDS・デュアルレンズ・大容量バッテリー搭載のいいとこ取り格安スマホ

ZenFone Maxは、ZenFoneシリーズでも定番のモデルで初代のモデルから大容量バッテリーが特徴としています。

「ZenFone 4 Max」でも4,100mAhの大容量バッテリーは継承しつつ、さらに流行のDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)とデュアルレンズを新たに搭載しながら、価格は26,000円程度に抑えられた非常にコスパの高いモデルに仕上がっています。

4,100mAhの大容量バッテリー

歴代の「ZenFone Max」シリーズから引継がれた大容量のバッテリーは新モデルでも健在です。

バッテリーサイズは前作「ZenFone 3 Max」と同容量になっています。

5.2インチサイズのスマホの平均的なバッテリー容量は3,000mAhなので、4,100mAhのバッテリーを搭載した「ZenFone 4 Max」は平均的なバッテリーのスマホに比べ、長時間の使用が可能です。

大容量のバッテリーを有効に活用できるリバースチャージ(スマホ本体をモバイルバッテリー代わりに他の機器へ充電ができる)機能が従来のモデルに比べ、約2倍の高速充電に対応するなど利便性もアップしています。

トリプルスロット採用でDSDS対応

2枚の異なるSIMカード同時に待ち受けできるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)にも対応し、仕事とプライベートでSIMカードを切り替えたり、日本と海外のSIMカードを同時に使用することも可能になっています。

DSDS対応の多くのスマホが2枚目のSIMカードとmicroSDカードスロットが兼用になっているのでSIMカードを2枚入れた状態ではmicroSDカードが使用できませんが、「ZenFone 4 Max」ではSIMカード2枚とmicroSDスロット全てが独立した「トリプルスロット」を搭載しています。

これによりDSDSの機能を使う上でのスロットが塞がれる問題もなくなりmicroSDを使用しながらDSDSを利用でき、利便性が大幅に向上します。

デュアルレンズ

最近のトレンドであるデュアルレンズカメラは、HUAWEIのフラッグシップモデル「P10」「Mate10」やiPhone 8 Plusなどの上位機種に搭載されるので3万円以下の格安モデルに搭載されることは稀です。

デュアルレンズは1,300万画素のメインカメラと500万画素の120°広角カメラの構成になっています。

サブカメラの120°広角カメラの構成は上位機種「ZenFone 4」と同じで、画素数は500万画素と「ZenFone 4」の800万画素よりは低くっています。

キビキビ動くSnapdragon430を搭載

スマホの脳みそに相当するSoC(CPU)にはSnapdragon430が搭載されています。

最近はエントリーモデルからミドルレンジモデルに採用されているSoCですが、3Dゲームなどの容量を必要とする用途ではパワー不足で快適には利用できませんが、SNSやWebブラウザなどの一般的な使用では特に問題なく利用できます。

恐らく大多数の方は必要十分なスペックになると思うので、動作が遅くて困るといった事もほとんどないと思います。

ZenFone 4 Maxの取り扱いがあるMVNO/格安SIM

IIJmio

一括払い 23,800円
分割払い 1,000円×24回
公式サイト
IIJmio

BIGLOBEモバイル

一括払い
分割払い
(アシストパック)
970円×24回
公式サイト
BIGLOBEモバイル

DMMモバイル

一括払い 24,800円
分割払い 1,318円(税込)×24回
公式サイト
DMMモバイル

エキサイトモバイル

一括払い 24,800円
分割払い 1,033円×24回
※初回のみ1,041円
公式サイト
エキサイトモバイル

LINEモバイル

一括払い 25,800円
分割払い 1,110円×24回
公式サイト
LINEモバイル

ZenFone 4 Maxまとめ

やはり何と言っても「大容量バッテリー」「DSDS」「デュアルレンズ」を搭載して3万円以下のスマホは中々ありません。

安くて最近の流行の機能が搭載されているスマホが欲しい方には、まさにドンピシャなスマホになっています。

お金は無いけど最新の機能が盛りだくさんの「ZenFone 4 Max」は試してみる価値のある格安スマホです。

気になるアイテム

Sponsored Links
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
Facebookページ

SNSでシェア

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です