【イオンモバイル】MVNO(格安SIM)業界最安級の全29プランをとことん徹底解説!

SNSでシェア

スクリーンショット_2016-02-20_11_51_44

イオンモバイルは、以前からbmobileやIIJmioなどのMVNO事業者のSIMと端末をセットにした販売などをしていましたが、今回大幅なリニューアルで自らMVNO事業者になり、2月26日よりサービスを開始します。

発表された料金プランは29にも及び、幅広い層に支持される設定になっています。

Sponsored Links
レクタングル大 広告

イオンモバイル料金表 全29プラン

高速データ通信容量 データSIMプラン 音声SIMプラン シェア通話SIMプラン
0.5GB なし 1,180円 なし
1GB 480円 1,280円 なし
2GB 780円 1,380円 なし
4GB 980円 1,580円 1,780円
6GB 1,480円 1,980円 2,280円
8GB 1,980円 2,680円 2,980円
12GB 2,680円 3,280円 3,580円
20GB 4,480円 4,980円 5,280円
30GB 6,480円 6,980円 7,280円
40GB 7,480円 7,980円 8,280円
50GB 10,300円 10,800円 11,100円

0.5GBから50GBまでの豊富なプランから選択できるので、自分に合ったプランを細かく選ぶことができるのはうれしいいところです。

データプランに月額140円のオプションで、SMS機能が追加できます。

業界最安値級のDMMモバイルとの価格比較

高速データ通信容量 イオンモバイル
(通話SIM/データ通信SIM)
DMMモバイル
(通話SIM/データ通信SIM)
1GB 1280円/480円 1260円/480円
2GB 1380円/780円 1380円/770円
4GB 1580円/980円 なし
5GB なし 1910円/1210円
6GB 1980円/1480円 なし
8GB 2680円/1980円 2680円/1980円
10GB なし 2890円/2190円
12GB 3280円/2680円 なし
15GB なし 4300円/3600円
20GB 4980円/4480円 5980円/4980円

業界最安値を謳い文句に、シェアを拡大して人気のあるDMMモバイルとほぼ同じ価格設定になっています。

イオンモバイルの特徴でもある幅広いプランの中で、大容量の20GB通話SIMプランではDMMモバイルより1,000円も安くなっているのでかなりお得になります。

30GB・50GBの大容量プランは、さらに割安感が増すので、大容量プランを検討するのであれば、イオンモバイルはかなりオススメのMVNOサービス(格安SIM)になります。

DMMモバイルは、MVNO他社が価格の改定で安くなれば、追随して業界最安値を維持すると言っているので、今後の動きにも注目です。

イオンモバイル基本仕様

初期契約手数料 3000円
通信速度 高速通信:下り最大375Mbps 上り最大50Mbps
低速通信:最大200kbps
通信規制対象のデータ量 最大200kbps(低速通信)での通信時の3日あたりの通信量が366MBを超えた場合、当該SIMカードを使った通信の速度を制限する場合がある
通話料金 国内:20円/30秒
ユニバーサルサービス料 3円/月 1回線
回線契約上限数 音声プラン5回線/データプラン5回線

イオンモバイル特徴

スクリーンショット_2016-02-20_14_07_13

通話プラン契約でも最低利用期間なし

e9a544058a9775f6d75d8ab7d7d5d3e0_s

イオンモバイルは、データプランはもちろん通話プランも全て、最低利用期間がないので、より気軽に利用することができます。

MVNO各社は、データ通信のみの契約では最低利用期間を設定していないところがほとんどですが、通話付きプランになると、通常最低利用期間が設定されています。

楽天モバイル、DMM mobileなどは通話付きプランの契約では、12ヶ月の最低利用期間があり、12ヶ月以内に解約すると解約金が発生します。

もし気に入らなかったりしても、すぐに解約できるのは大きなメリットです。

イオンモバイルがサービス全般に自信があるの証ですね。

実店舗にてサポート

スクリーンショット_2016-02-20_16_22_02

全国213店舗のイオン店舗にて、故障やトラブルなどの際に、サポートを受けることができます。

MVNO業者の弱点は、実店舗が圧倒的に少ない点で、何かトラブルがあった時に不安があるので、MVNO契約に躊躇してる人も多いと思うので、実際に店頭に行って相談ができる環境は、とても魅力的です。

豊富な種類のスマホを用途に合わせて購入できる

イオンモバイルは、MVNO(格安SIM)の中でも豊富にスマホを取り揃えているので、自分にあったスマホが探しやすいのも魅力です。

SIM + 端末、SIMのみ、端末のみの3種類から自分の好きな購入方法が選べます。

その中でもオススメのスマホをピックアップします。

HUAWEI Mate 9

HUAWEIの新たなフラッグシップモデルとして、2016年12月に発売されたハイエンドスマホ。

第2世代のライカ製デュアルレンズを搭載したカメラやDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応した、現時点では最高クラスのスペックがありながら、価格は6万円台に抑えたお手頃なハイエンドスマホです。

詳しくは下記の記事をどうぞ▼

ASUS ZenFone 3

日本でも絶大な人気を誇る、格安スマホの代名詞的な存在でもある「ZenFone 3」。

恐らく、8割以上のスマホユーザーには十分なスペックが有り、デザインも高級感がある安定感抜群のスマホです。

筆者も使用していますが、使用感も抜群で何の不満もありません。

それでいて価格は3万円台なのでコスパは高いです。

詳しくは下記の記事をどうぞ▼

日本版

台湾版(海外版)

台湾版は、日本版よりも1万円ほど安く購入できますが、auのSIMでは使用できない事と技適マークがない事には注意してください。その他のスペックは共通です。

HUAWEI P9 lite

HUAWEIのフラッグシップモデルである「P9」の廉価版モデルです。

価格が2万5000円程度とコスパは抜群で、スペックにおいてもミドルエンドの中では高いです。

3Dゲームなど負荷の高い使用をしない方であれば問題なく快適に使用できるので、安くSIMフリースマホが欲しい方には最適なスマホです。

詳しくは下記の記事をどうぞ▼

便利なオプションサービス

イオンスマホ安心保証

自然故障から水没・落下などの物損保証にも対応したサービスで、契約時から14日以内の加入が必要です。

月々で考えるとわずかな価格で、大事なスマホを保証してくれるので心配な人は加入しておくといいと思います。

特に、ハイエンドのスマホを契約する方は、加入しても損はないかと。

月額 350円/450円(端末によって異なる)

イオンスマホ電話サポート

スマホに慣れていない方で、設定やアプリなど分からない事があればいつでも電話サポートが受けられます。

操作サポート」「遠隔サポート」「出張サポート」と手厚いサポートを受けられるので、自信のない人は加入しておくと安心です。

月額 300円

イオンスマホセキュリティー

独自のセキュリティーシステムで、ウイルスなどの侵入を防ぎます。

リアルタイムでのウイルススキャンや端末に溜まった不要なファイルなどを一括でクリアできる機能があります。

また、使用パケット量を簡単に確認もできます。

主に、MVNO初心者の方や操作に自信のない人向けのサービスと言えます。

月額 150円

イオンスマホ安心パック

上記の「安心保証」+「電話サポート」+「セキュリティー」をセットにして割安にしたのが「安心パック」です。

基本的には、スマホの操作に慣れてない方やMVNO(格安SIM)が初めてで不安な方を対象にしたサービスなので、ドコモ、ソフトバンクなどの大手通信会社並みの安心を付属するサービスだと思っていただければ。

月額 600円/700円(端末により異なる)

050かけ放題

050から始まるIP電話の通話し放題のプラン。

データ通信専用SIMでも利用でき、電話番号ももらえるので、月額を抑えつつかつ通話料金も気にせず使用したい人には向いてるサービスです。

IP電話は、データ通信を利用するので一般の通話に比べると音質は劣ります。

ただ、筆者も利用していますが十分に通話は可能なので、価格を抑えたい人は加入してもいいと思います。

月額 1,500円(加入時に事務手数料1,000円が必要)

子供パック

お子様がスマホを安全に使用できるアプリ、人気の学習アプリを合計11本セットにしたお得なパック。

安全アプリ
  • スマモリ
  • スマートフォンセキュリティ
  • Filii(フィリー)
  • 超blueライト削減
学習アプリ
  • えいご上手
  • ジーニアス英和・和英・国語
  • 超便利ツールズ
  • スマートステラ
  • Tap10

スマート留守電

通常の留守番電話サービスの利用もでき、専用アプリ内での管理やテキストでの表示もできる高機能な留守番電話サービスです。

月額 290円

ビデオマーケット プレミアムコース

作品数が1番多いポイント制の動画レンタル配信サービス。

特典として、30日間のお試し期間と登録時に2,000円の動画視聴ポイントがもらえます。

月額 500円

SMS

データ通信SIMには、番号が貸与されないのでLINEやViberなどのメッセージングアプリを利用する場合は必須になります。

通話SIMを契約の場合は必要なし。

月額 140円

割り込み電話着信

ドコモなどの大手通信会社では標準的なサービスのキャッチホンサービス。

仕事などで電話をよく使う人向けのサービスです。

月額 200円

データ容量追加

データ通信を使いすぎてしまって足りなくなった月でも、1GBからデータ容量を追加できるので安心です。

データ通信SIMカード(タイプ2)は、最大6GB(6回)までしか追加が出来ません。

追加で購入したデータ容量は翌月への繰越は不可。

1GB 480円/1回

その他の機能

MNPにも対応

他社から番号を変えずに契約できます。

他社へ番号を変えずに乗り換える場合には、180日以内で8000円、それ以降で3000円の転出手数料がかかるので注意してください。

余った高速通信容量は翌月に繰り越し可能

余った容量も翌月に繰り越せるので、無駄なく利用できます。

ただ、繰り越せるのは翌月末までです。

通信エリアの広いドコモ回線

ドコモ回線なので通信エリア、品質ともに安心できます。

また、ドコモのスマホでも使用できます。

初回キャンペーンが圧倒的にお得

ed4404b226bf1ec3f8c68311284ff292_s

キャンペーン期間:2016年2月26日〜2016年3月31日

2GBプラン特別価格キャンペーン

キャンペーン期間中に2GBプランで契約した方全員が対象で、2017年3月分までの月額料金をキャンペン価格にて利用できます。

・音声プラン

通常価格:1380円

キャンペーン価格:980円

・データプラン

通常価格:780円

キャンペーン価格:480円

約1年間の間中ずっと割引価格で利用できる、かなり太っ腹なキャンペーンですのでお見逃しなく。

さらにスマホとWiFiルーターも特別価格にて

・SIMフリースマホ ”富士通 ARROWS M01″

通常価格:29800円

キャンペーン価格:14800円

相場よりもだいぶ安くなってます。

・モバイルWiFiルーター ”NEC Aterm MR04LN AB”

通常価格:25920円

キャンペーン価格:19800円

イオンモバイルまとめ

ここ最近のMVNO業界はかなり激しい競争になっていて、新しい業者が次々に参入してきているので、これから益々いいサービスになっていくんじゃないかと思ってます。

その中でもイオンモバイルは、価格も最安値級で実店舗もあり、端末も豊富に取り揃えたインパクト強いMVNOサービスになっています。

MVNO初心者の方から他のMVNOサービスからの乗り換えにも非常にお勧めできるサービスになっています。

買い忘れはありませんか?

Sponsored Links
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
Facebookページ

SNSでシェア

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です