SIMフリースマホ【HUAWEI GR5】がデザイン、コスパ共にかなりおすすめ

SNSでシェア

heawei

出典:HUAWEI

2月12日に発売されたHUAWEI GR5がデザイン、コスパ共に優れていてこれからかなりの人気になりそうです。

HUWEIは、ポケットWiFi端末として世界1位のシェアを誇るブランドなので、機能面なども優れていて、ここ最近は、HUAWEI P8 liteなど洗練されたデザインの高コスパスマホでシェアを拡大している勢いのあるブランドです。

Sponsored Links
レクタングル大 広告

HUAWEI GR5の特徴

huawei タッチ

出典:HUAWEI

指紋認証

背面の指紋パネルで、わずか0.5秒でロックが解除できるのでストレスフリーの操作性。

また、ロック解除以外にも長押しでの電話の応答や、写真の撮影、上下スワイプで通知エリアの開閉などの機能も搭載しているので使い勝手はかなり良さそうです。

アルミの美しいボディー

アルミニウムマグネシウム合金で作られたボディーは、高級感漂うハイスペックなスマホと見間違うかのようなデザインで、3万円台の価格でこのデザインは反則級のかっこよさです。

時代の進歩を感じます。

大容量バッテリー

3000mAhのバッテリーを搭載しているので、安心して日々のスマホライフを楽しむことができます。その分重量は158gと平均的な重さですが、20〜30g軽くするよりバッテリー容量を増やしてくれる方が、今の流れにもマッチしている気がします。

5インチクラスのスマホのバッテリーは平均して、2000mAh〜2400mAh主流なので、かなりの大容量バッテリーといえます。

5.5インチ フルHDディスプレイ

5.5インチのフルHDディスプレイを搭載し、明るさなどの環境によってセンサーが自動で調整してくれる機能を搭載。

1300万画素カメラ

1300万画素カメラにF値2.0のレンズを搭載し、料理撮影に特化したフィルターや、スローモーション撮影など、豊富なカメラ機能も搭載。

HUAWEI GR5のスペック

ミドルハイエンド(いわゆる格安スマホ)のカテゴリーで、コスパの高いモデルとして絶大な人気がある「ZenFone 2」と比較してみました。

  HUAWEI GR5 ZenFone2(ZE551ML)
OS Android 5.1 Android 5.0
CPU Qualcomm MSM8939 intel Atom Z3580 2.3GHz
コア数 8 4
メモリ 2GB 4GB
ストレージ 16GB 32GB
外部メモリ マイクロSDカード(最大128GB) マイクロSDカード(最大128GB)
バッテリー 3000mAh 3000mAh
メインカメラ 1300万画素(F値2.0) 1300万画素(F値2.0)
インカメラ 500万画素 500万画素
画面サイズ 5.5インチ 5.5インチ
画面解像度 1920×1080ドット 1920×1080ドット
サイズ 151.3×76.3×8.15mm 152.5×77.2×10.9mm
重量 158g 170g
カラー グレー/シルバー/ゴールド ブラック/グレー/ゴールド/レッド
LTE対応バンド 1/3/5/7/8/19/28  1/2/3/4/5/6/8/9/18/19/28

ハイエンドモデル並みのスペックを誇る「ZenFone 2」と比較しても、見劣りしないスペックで、劣っているのはメモリとストレージぐらいです。

サイズ、重量はGR5の方が軽量で、スマートでスタイリッシュなデザインは価格以上のクオリティです。

女性にも人気が出そうなモデルです。

MVNO 格安SIM各社も取り扱われてます

IIJmio

スクリーンショット_2016-02-15_0_58_05

  • 一括支払い:35424円
  • 分割支払い:1512円×24回=36288円

一括支払いで購入すると2000円ぐらい安く買えるので、格安SIMを同時に契約する人にはお得なセットです。

さらに特典として、先着300名にマイクロSDカードがプレゼントされるので、購入を考えてる人はチェックしてみてください。

尚、申し込み受け付け開始は2月16日 10:00からです。

DMM mobile

スクリーンショット_2016-02-15_1_12_37

  • 一括支払い:37584円
  • 分割支払い:1850円×24回=44400円

格安SIM業界最安値の水準を誇るDMM mobileですが、端末の価格は最安値とはならないみたいですね。どうやら。

分割払いで購入すると、かなり割高になってしまいますが、一括払いであれば相場通りの価格なので、データ通信量の安いDMM mobileの契約を考えてる方は検討されてもいいんじゃないでしょうか。

ただ、お得感は一切ありませんが。

まとめ

大手3大キャリアの実質0円廃止で、スマホの割引も期待できなくなってきているので、格安SIMに乗り換えを検討してる人も多くなってきていると思います。

一昔前は、3万円台のミドルクラスだとプラスチック素材のチープな素材のものが多かったですが、最近このクラスでも外見は高級感があり、スペックも大多数の人には十分すぎるモデルが多くなってきました。

その中でも、今回紹介したHUAWEI GR5は、今後の人気のスマホになっていきそうなクオリティーがあるので、SIMフリースマホの購入を検討されてるのであれば是非チェックしてみてください。

買い忘れはありませんか?

Sponsored Links
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
Facebookページ

SNSでシェア

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です