全米シェアNo.1メーカー「BLU」のお手頃価格SIMフリースマホ「GRAND X LTE」の詳細スペック比較

SNSでシェア

SIMフリースマホのカテゴリーにおいてアメリカNo.1のシェアを誇るスマホメーカー「BLU(ブルー)」が日本についに上陸しました。

思い切ったスペックの絞り込みによって価格を抑えたコスパ重視のSIMフリースマホとして、子供やシニアの方、サブのスマホとしても需要がありそうな端末になっています。

Sponsored Links
レクタングル大 広告

BLU(ブルー)とは

ブランドネームのBLUは「BOLD LIKE US」の頭文字を取ったものです。

日本では馴染みのないBLUですが、本国アメリカではSIMフリースマホのシェアNo.1の有名なスマホメーカーです。

特徴は何と言っても誰もが買いやすい価格設定です。

ハイスペックな「PURE」シリーズでも3万円台など、ほとんどのモデルが1〜2万円台の価格設定になっているので、iPhoneのような高スペックは必要としない多くの層に受け入れられている印象です。

日本でも「GRAND」シリーズ以外のモデルがリリースされる可能性は高いので、今後ますます注目のスマホメーカーです。

GRAND X LTEのスペック比較

約1万円の価格が魅力のエントリーモデル「Alcatel PIXI 4」を比較対象としています。

項目 BLU
GRAND X LTE
Alcatel
PIXI 4
OS Android 7.0 Android 6.0
CPU Mediatek MT 6737
(1.25GHz)
クアッドコア(4コア)
MTK6735M
(4×1.0GHz)
クアッドコア(4コア)
メモリ
(RAM)
1GB 1GB
ストレージ
(ROM)
8GB 8B
画面サイズ 5.0インチ 5.0インチ
画面解像度 1280×720(HD) 854×480(FWVGA)
TFTカラー液晶
外部メモリ microSD(最大32GB) microSD(最大32GB)
背面カメラ 800万画素
オートフォーカス
LEDフラッシュ
ジオタグ
タッチフォーカス
顔検出
720p
500万画素
(ソフトウェアで800万画素に対応)
フラッシュ
HDR
パノラマ
カメラやビデオズーム
写真編集
顔検出
写真ライブフィルター
ジオタグ
ビデオの安定化 
前面カメラ 500万画素
(LEDフラッシュ)
200万画素
(ソフトウェアで500万画素に対応)
サイズ
(高さ×幅×厚さ)
153.5×74.2×6.98mm 140.7×72.5×9.5mm
重さ 167.5g 169g
バッテリー 2400mAh 2000mAh
Wi-Fi  802.11 b/g/n
(2.4GHz)
802.11 b/g/n
(2.4GHz)
SIMカード

デュアルSIM
(NanoSIM×2)

デュアルSIM(microSIM×2)
(LTE/2G)
3G/4GのDSDS 非対応 非対応
センサー
GPS
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
GPS(A-GPS)
ETWS
加速度センサー
近接センサー
電子コンパス
指紋認証 × ×
NFC × ×
LTE(4G)バンド FDD-LTE :
B1/3/8/9/19
ドコモLTEバンドに対応
FDD-LTE:
B1/3/19
TDD-LTE:
B38/40
ドコモLTEバンドに対応
WCDMA(3G)バンド B1/6/8/19
FOMAプラスエリアに対応
B1/5/6/8/19
FOMAプラスエリアに対応
大手キャリアLTEバンド docomo:1/3/19/28
au:1/18/26/28
ソフトバンク:1/3/8/28
AnTuTuスコア
(総合性能)
約24,000
ZenFone 3 Laser:約44,000
Wiko Tommy:約23,000
Priori 4:約28,000
約22,000
入力端子 microUSB microUSB
カラー ブラック
ゴールド
シルバー
ローズゴールド
ダークグレー
メタリックシルバー
発売時期 2017年6月 2017年3月
価格 12,800円 10,000円

「GRAND X LTE」が画面解像度とバッテリー容量で大きく上回っています。

上記2つのスペックは使用する上でとても重要になってくるので、少し価格は高くなってもそれだけの価値はあると言えそうです。

GRAND X LTEの特徴

質感の高いアルミデザイン

エントリーモデルとしてはデザインや質感にも力を入れている印象です。

アルミニウムボディーはチープさを感じさせないシンプルなデザインになっているので、子供からシニアの方までユーザーを選ばないのが魅力です。

コンパクトな5.0インチディスプレイ

エントリーモデルのSIMフリースマホで採用されることの多い5.0インチサイズのディスプレイは、子供や女性など手の小さい方に操作しやすいサイズ感になっています。

必要最低限のカメラ

ミドルエンドのSIMフリースマホなどと比べると、どうしてもカメラスペックは見劣りしてしまいますが、SNSなどの投稿が中心の使い方であれば画質もそれほど気にはなりません。

想定される利用シーン

2台目のスマホとして

MVNO・格安SIMで運用する用のスマホとして、メインで使用しているスマホが故障や紛失などによって使用できない時のサブのスマホとしてなど幅広い用途に使用できます。

価格が安いので緊急時のために1台持っておいても、それほど財布の負担にもなりません。

子供やシニア用のスマホとして

子供用のスマホとしてMVNO・格安SIMで運用すれば、大手キャリアで運用するのと比べ半額以下の料金で利用することができるので、子供がいる親御さんは経済的です。

また、シニアの両親へのプレゼントとしても最適です。

シニアの方はスマホの機能を使いこなせない方が多いので、「GRAND X LTE」ぐらいのスペックで不自由なく使用できます。

メインのスマホとして

メインのスマホとしての使用ももちろん可能ですが、使用用途にもよるところが大きくなってきます。

SNSやメール、WEBブラウジング、YouTube(動画)などの使用であれば、ストレスを感じることなく利用できることが期待できます。

3Dゲームなどの高負荷がかかるアプリなどは、満足に動作しないのでもう少しスペックの高いスマホを購入してください。

また、内蔵ストレージが8GBしかないため、メインで使用する場合は追加のストレージとしてmicroSDカード(最大32GB)の利用をおすすめします。

お手頃価格で転送速度も早いSAMSUNGのmicroSDカードを選んでおけば長く使用できて間違いありません。

まとめ

価格の割にはそこそこ使える「GRAND X LTE」は、子供やシニアの方など使用用途が限定的な方に最適なSIMフリースマホになっています。

家族に当てはまる方がいる場合は検討してみてください。

GRAND X LTEを販売しているMVNO・格安SIM
LINEモバイル
エキサイトモバイル

気になるアイテム

Sponsored Links
レクタングル大 広告
レクタングル大 広告
Facebookページ

SNSでシェア

Follow

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です